用途で変わる

屋根に取り付ける

生活にも使用されている金網は、様々な問題が発生する事があります。 摩耗により金網が破れる場合は、線径を太くすることで改善する事が可能です。 網の下側が摩耗している場合は、タッピングボールが原因の場合があります。 解決方法はタッピングボールの数を少なくし、網全体に均一にタッピングボールが当たるようにすることで摩耗を改善する事が出来ます。 金網が裂けるように敗れる場合は、網の2次振動が原因の場合があります。 解決方法は、増し締めを行う事や張力管理を定期的に行う事が大切です。 張力管理を行う時は、網の張力の均一度を確認する事が大事です。 部分的に敗れる場合は、タッピングボールが部分的に当たっている可能性があります。 解決方法は、タッピングボールを均一に当てる事で改善します。

金網は、平織や綾織など様々な種類があります。 平織の金網は、一般的によく織られている織り方の一つで、一定の間隔を保ちながら交差して織り上げて製作されます。 材質はステンレスや亜鉛メッキ鉄線などがあります。 平織の金網は、喫煙テーブルやマイクなどに良く使用されます。 綾織の金網は、縦線と横線の間隔を一定に保ち、2本以上乗り越して織り上げて製作されます。 平織では織りにくい場合に綾織を用いる場合もあります。 強度は平織よりもあり、材質はステンレスやアルミニウムなどがあります。 その他にもクリンプ織やフラットトップ織などがあり、様々な織り方で制作された金網があります。 様々な種類がある金網は、耐久性が高く日本でも幅広く使われています。