発電について

ソーラーで発電

太陽光発電を導入する際に気を付ける事として、次のようなものがあります。 売電収入で導入費を回収する場合、長期間の運用が必要になります。この間に太陽光発電のシステムが故障する事がありますが、10年間などの保証が付いている事が多いです。しかし、保証しているメーカーが倒産してしまうとこれを受けられなくなるため、倒産時に保証を他社に引き継ぐような体制のあるメーカーを選ぶと良いです。 太陽光発電の売電価格は固定価格買取制度によって承認時の価格が10年、または20年間保証されますが、これは毎年見直されます。現状は高すぎる設定になっており、見直しで引き上げられる事はないため、早く導入した方が収益を得やすくなります。 一般的な家庭で行われる10kW未満の太陽光発電の場合、発電した電力から使用した分を差し引いた余りだけが売電の対象になります。効率的に収益を得るには、節電も心がけなければなりません。

太陽光発電の魅力としては、日光を利用して作られた電気を使うことで、電気代を大幅に節約できることが挙げられます。また、今まで利用していたキッチンや風呂の設備を電気を利用するものにすることで、ガス代や灯油代などの光熱費の節減ともなります。 しかし、メリットはそれだけではありません。太陽光発電を導入しますと、家庭で利用しない余った電気を電力会社に売ることができます。これは法律に基づいて行われているもので、一定価格で一定期間、確実に買い取ってもらうことができます。そのため、その分太陽光発電導入に要した費用の回収を早く行うことが可能です。 つまり、より太陽光発電を利用するハードルは低くなっていると言えるでしょう。