モジュールで考える

太陽光を集める

導入することによって月々の電気代を大幅に減らし、さらに売電による収入も得られる太陽光発電ですが、導入後に工夫できるポイントもまだあります。 その1つが電力会社との契約タイプの変更です。通常は従量電灯契約によって時間帯を気にせずにいつでも1kWhあたり同じ料金で電力を利用できる契約を一般家庭では結んでいます。この契約を時間帯別電灯契約にすることで、昼間と夜間の電気料金の使用料金を変更することができます。このタイプの契約では昼間の電気料金が高く、夜間が安くなる特徴があります。つまり太陽光発電によって昼間電気を電力会社から購入しなくて良い分、夜間の電気料金で得をできるます。 このように太陽光発電の導入後も工夫することでさらに電気料金を引き下げられます。

モジュールとは太陽光発電で、太陽光を電気エネルギーに変換するシステムであり、中に太陽電池であるセルが大量に含まれていることで、太陽光から電圧を生み、その電圧差で発電をしています。このモジュールはパネルとも呼ばれ、現在の日本では、単結晶シリコンを用いるのがトレンドとなっています。 単結晶シリコンはその特徴としてセルが全体で1つとなっている点から、単結晶と呼ばれています。単結晶シリコンが日本においてトレンドとなっている理由は変換効率が高いため、狭いスペースでも効率よく発電が行えるため、日本の住宅事情に合っている点があります。 このため多くの国内メーカーでは単結晶シリコンのモジュールの販売に力を入れており、数多くの製品で用いられる結果となっています。